胃腸が元気な男性の画像

胃腸の問題と言うと、お酒を飲みすぎた中年男性に限った事ではありません。最近では若い女性や、小さな子どもでも、ストレスから胃腸が弱くなり、仕事や学校に行けなくなることも多いのです。

2016年10月の記事一覧

東京で麻酔による胃腸内視鏡検査を受けよう

胃腸や大腸がんをはじめとした消化器疾患を早期発見、予防するためには、やはり定期的な内視鏡検査が欠かせません。
しかしこの内視鏡検査には、「辛い、苦しい、痛い」というイメージがつきまとい、
実際にそのような体験をさえた方は、二度とその苦痛を味わいたくないと検査をためらうことでしょう。
東京には、麻酔を用いた胃腸内視鏡検査を行う病院が複数あります。
軽い鎮静剤や睡眠剤のようなお薬を注射し、眠った状態で検査を行いますので、苦痛が全くありません。
胃潰瘍、胃ポリープ、大腸ポリープが見つかった場合は、その場で切除手術を行うこともできます。
これらも当然眠っている間に済みますので、眠りから覚めた時には全てが完了している状態となります。
患者からは「眠っていいる間に全てが終わっているなんて、こんなに楽な検査があるなんて。」と驚きの声が上がります。
検査は、最低一年に一度は受けたいものですが、これなら長く続けていかれることでしょう。
 せっかく苦痛の無い検査を選択しても、病変の見逃し等があっては何にもなりません。
検査にあたり、どんな病変も見逃さないという医師の腕は大変重要です。
どうぞ、内視鏡のエキスパート医の在籍している病院をお探しください。
また、その際に目安になるのが、その病院での検査件数実績、医療器具やテクニックなど先端技術を駆使しているかです。
単に、「痛くない」「楽である」ということを気軽に宣伝うたい文句にしているようなクリニックは避けるべきでしょう。
万が一大きな病気が見つかった際、どのような病院と提携してるかなどもできればチェックして下さい。
親身にその後の治療への橋渡しをしてくれるような病院と巡り合えることと思います。
 東京には麻酔による痛くない検査をしてくれる病院が沢山ありますので、上記の要点をご参考に、
あなたに合った病院をぜひ見つけて下さい。

続きを読む